キャッシング会社の金利を比較するときのポイント

キャッシング会社の金利を比較するときのポイント

カードローンを利用する際に多くの人が注目するのが金利です。
金利は少しでも有利にお金を借りるために外せないポイントですが、一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

カードローンの金利はどうやって決まるの?

金利は実質年率や年利などといわれることもあり、利用限度額によって変わってきます。
消費者金融でも銀行カードローンでも、限度額が大きくなるほど金利は低く設定される仕組みです。

初回申込の際の借入審査の段階で限度額が決められるので、その額に応じて金利も自動的に決まります。

全体的に消費者金融よりも銀行カードローンのほうが低金利になっています。

金利比較のポイントは?

キャッシング会社の金利を比較するときのポイント
カードローンの広告では金利の低さをアピールしているところも少なくありません。
金利比較のランキングなどを見ても、確かに金利が低いカードローンは目を引きます。

ただしここで注意したいのが、実際に自分が借り入れする場合の金利を見極めるということです。
前述のとおり金利は限度額によって幅があるので、利用者それぞれで適用金利は異なってきます。

いくら最低金利が低いカードローンでも、それはあくまでも審査において最大限度額を得られた人に適用になるだけです。
新規申込では最低限度額からのスタートとなるケースも多いことも踏まえて、自分の場合は適用金利がどれくらいになるのかをしっかりチェックしながら比較することが大切になります。

利息はどうやって計算するの?

利息は借入元金と借入日数、そして金利の3つによって決まり、実際の金額は次のような計算式で求めることができます。

【利息=元金×金利÷365×利用日数】

つまり同じ金額を借りた場合には、少しでも金利が低く、少しでも返済期間が短いほうが利息は少なくて済むわけです。

少額の借入であれば大した違いはありませんが、借入額が大きかったり返済に時間がかかる場合は、ほんの少しの金利差でも利息額に大きな影響を与える可能性があります。

実際の利息額や返済総額を知るには返済シミュレーションを活用しましょう。
簡単な入力で具体的な金額を算出してくれるので、借入れの計画を立てるのにとても便利です。

金利は下げられる?

金利はカードローン会社が決めるもので、申込時に金利の引き下げを相談したりすることはできません。

ただし借入れを続けていく中で金利が下がることもあります。
それは限度額の増額があった場合です。

借入れと返済を繰り返してそれなりの利用実績が認められれば、場合によっては増枠のチャンスがあります。
限度額がアップすることで、それに応じて今より低い金利が適用になる可能性があるのです。
ただし延滞などがあれば信用が無くなりますので注意しましょう。

参考サイト

専業主婦でも借入可能なカードローン会社が知りたい方の参考になるサイトです。
各キャッシング会社の金利がまとめられているため、低金利な借入先を見つけることができますよ。

参考サイトタイトル:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!
サイトURL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html